• このエントリーをはてなブックマークに追加
A State Of Trance Classics

トランスの名曲を詰め込んだコンピレーションシリーズ。
トランスというものが知りたければこのシリーズを買えば良い。
全部聴けば、それだけでもう十分にトランスに精通することができるだろう。

一口にトランスと言えば、90年台のジャーマントランスやゴア/サイケデリックトランスなどもあるが、これは当然それらとは違うトランスのこと。かつてはエピックトランスなどとも言われていた、ビッグルームでかけられるようなトランスこそが、本コンピに収められているトランスだ。

このアルバムはシリーズ第一作なため、選曲も初期のトランスを中心にしている。
なかには、UnderworldのBorn SlippyやHybridのFinished Symphony、Age Of LoveのThe Age Of Loveなど、トランスとは違うジャンルの曲も入っている。L.S.G.も元々はジャーマン・トランスのアーティストだ。しかし、そういった曲も一緒にミックスされていたのが初期トランスシーンなのであり、その雰囲気も取り込んでいるという点で言えば、事実に忠実なコンピレーション盤といえるだろう。

音楽を聞いていると、どうしても新しいジャンルに興味をもつことはあるし、できれば手っ取り早くそのジャンルを俯瞰できるほどの”通”になりたいと思うこともある。それが、トランスという狭いジャンルに限っては、この優秀なコンピシリーズがあるおかげで実現できるのだから、ありがたいことではないかと思う。

投稿者:管理人
Various Artists+A State Of Trance Classicsをyoutubeで検索する

最初の「これいいよね!」をつけてください

このアルバムは好きですか?
知っていることなど、なんでもいいのでコメントください。