もはや名盤過ぎて、わざわざ紹介する意味もなさそうなこの一枚。 このレッド・ツェッペリンのファースト・アルバムに ...
続きを読む »