Deep Purpleのアルバムならば、どれも押さえておいて損はなさそうなものだが、名盤といえばやっぱりこの頃 ...
続きを読む »