• このエントリーをはてなブックマークに追加
Arise

SEPULTURAといえばこの作品の後の方が評価は高いが、スラッシュメタルバンド時代の頂点を極めたこの作品を無視することはできない。この作品以前も結構すごいことをやっていたのだが、この作品でボーカルのスタイルが確立されたことや、まともなレコーディングになったことが大きい。

よくもまあブラジルという場所でこれだけのことができたなと思ってしまう。ジャケットがヘンテコなせいで、真面目な音楽だとは思われないかもしれないが、今聞いても全く問題がないほどの完成度だ。
スラッシュメタルにはスラッシュメタルの演奏法というのがある。
今でこそ書籍などの資料はあるだろうけど、当時は日本でも情報を得るのが難しかったのではないかと思う。それこそブラジルでそういった知識や技術を高めるのは至難の業ではなかっただろうか。メタリカにはギターの師匠にジョー・サトリアーニがいたわけであり、スレイヤーでさえプロ御用達のギター講師に師事していたそうだが、彼らセパルトゥラにもそういった情報源があったのだろうか?
それとも耳だけを頼りに身につけていったのだろうか?
いや、そんなことは考えずに純粋に堪能してよいアルバムだとは思うが、ここまで隙のない作品であると、聞くたびにどうしてもそういった思考がはじまってしまう。まったく聞き飽きないアルバムだ。

投稿者:管理人
Sepultura+Ariseをyoutubeで検索する

最初の「これいいよね!」をつけてください

このアルバムは好きですか?
知っていることなど、なんでもいいのでコメントください。