• このエントリーをはてなブックマークに追加
From Enslavement to Obliteration

グラインドコアの帝王、ネイパーム・デス(日本だとナパーム・デス)の2ndアルバム。この2ndと1stアルバムは、音楽ファンならば持っておきたい品だが、内容はなかなかとっつきにくいものがあるかもしれない。

結成から何度もメンバーチェンジを繰り返しつつ、音楽性も微妙に変えてきた彼ら。グラインドコアと言いながらも、3rdアルバム以降は音質も良くなったせいか、ややデスメタルよりになり、良くも悪くも洗練されてしまった。もちろんそれもよいのだが、やはり初期の作品は、音楽史に残る傑作である。

日本ではいまだにデスメタルでさえ馬鹿にされる風潮すらあるが、グラインドコアとなるとさらに理解されにくい物がある。しかし、ここで聴ける各楽器及びボーカルのテクニックは並々ならぬ物がある。

デス/グラインドシーンは、このアルバム以降も発展していくことになるが、この作品に匹敵するような生々しさをもった作品は、結局、いまもって現れていないのではないかと思う。

投稿者:naoki
twitter:
ホームページ:

Napalm Death+From Enslavement to Obliterationをyoutubeで検索する

1 人が「これいいよね!」と言っています

このアルバムは好きですか?
知っていることなど、なんでもいいのでコメントください。