• このエントリーをはてなブックマークに追加
Bang Bang Baby

ハンチントンの代表作といえば『文明の衝突』だと思う人が多そうだが、
イタロ・ディスコファンたちの間では、普通に『Meet My Friend』だったりする。

真面目な音楽ファンからは相手にされないような軽薄なユーロ・ビートではあるが、サウンドやコード進行、オブリの入れ方などが完成されまくっているせいか、聴いていて楽しい作品だ。
よくある量産型ユーロ・ビートとは違う、プロの仕事っぷりを堪能できる。

このEddy Huntingtonなる人物は、ただのシンガーのようなので、あっさり音楽業を廃業したり、ときたま復活したりという感じの人のようだ。
イタロから初期ユーロ・ビートのあたりのアーティストだが、イギリス人である。

このアルバムの目玉は”U.S.S.R”。でもまあ、たいしていい曲ではない気がする。やはり”Meet My Friend”が良い。

投稿者:管理人
twitter:
ホームページ:

Eddie Huntington+Bang Bang Babyをyoutubeで検索する

1 人が「これいいよね!」と言っています

このアルバムは好きですか?
知っていることなど、なんでもいいのでコメントください。