• このエントリーをはてなブックマークに追加
Innovator

デリック・メイのベスト盤。
テクノポップとは違う”テクノ”の中でも、デトロイト・テクノの古典がたくさん含まれているアルバム。
電子的なダンス音楽のすべてのジャンルに対して大きい影響を与えている、80年代後半からの曲を含む。

テクノクラシックであるstrings of life、そしてnude photoは当初アメリカよりイギリスで絶賛され、その後世界中のミュージシャンに影響を及ぼした。

初期のアシッドハウスは別として、テクノ、ハウス、Drum&Bass、 エレクトロニカ勢などにも、何かしらの音楽的つながりがあるはず。

通常、発表されては消費されるダンス音楽の中で、長く聴き継がれているというのはすごいことだ。
それは、いまだにこれらの曲にサウンド的な革新性があり、他のダンス曲にはない叙情性があるゆえ、一種の普遍性を確立しているからだろう。

テクノのみならず、ダンス音楽、黒人音楽に少しでも興味を持っているならば、このアルバムを聞く義務があるかもしれない。
ただ注意してほしいのは、この手の音楽は普通のポピュラー音楽よりはとっつきにくいということ、そしてこれはテクノの公約数でも公倍数でもないということだ。

投稿者:tama
twitter:
ホームページ:

Derrick May+Innovatorをyoutubeで検索する

1 人が「これいいよね!」と言っています

このアルバムは好きですか?
知っていることなど、なんでもいいのでコメントください。