• このエントリーをはてなブックマークに追加
Parklife

1. Girls And Boys
2. Tracy Jacks
3. End Of A Century
4. Parklife
5. Bank Holiday
6. Bad Head
7. The Debt Collector
8. Far Out
9. To The End
10. London Loves
11. Trouble In The Message Centre
12. Clover Over Dover
13. Magic America
14. Jubilee
15. This Is A Low
16. Lot 105

Damon Albarn (vo),(key),(prog)
Graham Coxon (vo), (g),(sax), (perc)
Alex James (b)
Dave Rowntree (ds),(perc),(prog)

歴史的名盤サードアルバム。全英1位を記録し、当時のイギリスを象徴した一枚。ユーモアセンスとポップ感覚をひっくるめて、まとまりがあるんだか無いんだかわからないギリギリで完成させる。悪ふざけのようでいて手馴れている。

当時はオアシスと比べたり単なるアイドルだと思われていたフシがあるが、そう思うとどうもまともに聞けなくなってしまうので、その辺を無視してただ繰り返し聴いてみると、これが売れたのがわかる。

今やブリットポップという言葉自体あまり聞かなくなったかも知れないが、いまでも世界中のロックやポップス、ダンスシーンにまでジワジワと影響を与えているであろう一枚。

投稿者:yoshy
Blur+Parklifeをyoutubeで検索する

最初の「これいいよね!」をつけてください

このアルバムは好きですか?
知っていることなど、なんでもいいのでコメントください。